住まいニュース

金利「0.3%」台は当たり前!?
NHK「クローズアップ現代」でも特集、住宅ローン借り換え術

金利「0.3%」台は当たり前!?

NHK「クローズアップ現代」でも特集、住宅ローン借り換え術

マイホームと言えば、人生最大の買い物。

現在でも多くの人々がローンを組んで、住宅を購入している。

だが “高額” かつ “長期的” な支払いが続いていく中で、金利を見直した人がどれほどいるだろうか?

金利は借入時の状況に応じて変化するため、現在であればもっと有利なローンがあるにも関わらず、それに気が付かず高金利な支払いを続ける人も多いという。

そんな中、NHK「クローズアップ現代」
「日経新聞」でも紹介された、住宅ローンの借り換え術が話題になっている。

現在よりも低金利なローンに借り換えすることで、続々と支払額を削減しているようだ。

※画像はイメージです。
※自社モニターアンケートより。
※個人の感想です。

このように多くの人々が、手軽に低金利に借り換えて、支払額を削減している。

「0.4%」台でもこれだけのメリットがあるとなると、やらない手はないだろう。

今回はたった「5分」で完結する、住宅ローンの裏技をご紹介したい。

そもそも今の住宅ローンは、どのようにして選ばれただろうか?

インターネットの口コミ等を見ながら
「ランキング上位」
のローンを選んだり、普段使用している銀行から借入している人が多いのではないだろうか。

「最も低金利なローンを選べている」と、自信のある人はほとんどいないはずだ。

また現在は金利「0.3%台」のプランも続々と登場しており、借り入れた当時よりもさらに低金利なローンが増えていることもあり得る。

このように実際にはもっと好条件のローンがあるにも関わらず、割高なローンを組んでしまっている人が多いのが現実だという。

現在のローンよりも好条件なものに借り換えれば、日々の返済額が削減できるのは明白だ。

自分にとって最適な住宅ローンを調べるには、銀行に足を運び、
直接相談するのが最も正確だろう。

借り換えを検討していることを伝えれば、その銀行のプランを丁寧に説明してもらえるはずだ。

ただ当然ではあるが、詳しく教えてもらえるのはその銀行のプランだけである。

いくつもの「銀行」「ローン」を比較するには、気になる銀行全てを回る必要が出てくる。

とはいえ、忙しい中、複数の銀行を回るのは現実的ではない。

さらにたとえ “最も金利の低いローン” が分かっても、審査が通るかは別の話だ。

場合によっては全てが徒労に終わってしまうことも考えられる。

そのため、なかなか重い腰が上がらないのが現状だった。

そこで、そんな悩みを解決する “ある画期的なサービス” が、NHK「クローズアップ現代」で取り上げられる等話題になっている。

それが「モゲチェック」だ。

「モゲチェック」はオンラインで完結する、無料の住宅ローン相談窓口だ。

すでに登録者数は「70,000名」を突破し、
「オンライン住宅ローンサービス(媒介)シェアNo.1※1を達成するなど、現在熱い支持を集めている。

「モゲチェック」では、いくつかの質問に答えるだけで、ユーザーにとって最適なローンを診断・紹介してもらえる。

住宅ローンには審査があり、誰もが自由にローンを借りられるわけではない。

そこでモゲチェックは、

「300億円以上」の住宅ローン取り扱い実績を元に、
「主要な金融機関が提供する住宅ローン」「審査基準」を独自に分析。

そこでモゲチェックは、「300億円以上」の住宅ローン取り扱い実績を元に、 「主要な金融機関が提供する住宅ローン」「審査基準」を独自に分析。

ユーザーが借りられる範囲で「No.1金利®※2を選定してもらえるのだ。

さらにローンの提案だけでなく、
申し込み事前審査承認の取得まで行ってくれる。

まさに住宅ローンのプロによる “見直しサービス” なのだ。

実際の診断方法も、驚くほど簡単だ。

これまでは

1.金利が安い金融機関の選定
2.選定した金融機関を訪問し説明を受ける
3.各金融機関に審査依頼

という何日もかけて行っていたことを、わずか5分程度で完結!

登録した情報を元に「モゲチェック」が金融機関の事前審査を加味し、ユーザーが借りられる「No.1金利®※2」のローンの事前審査までしてもらえるのだ。

その後実際に借り換えを行う際には、
そのまま金融機関と繋いでもらえるので、スムーズに進めることができる。

疑問点等があれば、住宅ローンアドバイザーの資格保有者がチャットでアドバイスしてくれるなど、至れり尽くせりだ。

ここまでの手厚いサービスがなんと完全無料※3で受けられるという。

後々、何かの手数料が請求されることもないので安心だ。

現在のローンに少しでも不安がある人々が、続々と登録しているのだという。

いかがだったろうか?

今より少しでも金利が下がれば、
毎日の生活に潤いが出たり、子供の教育費に充てることもできる。

公式HPでは「モゲチェック」を使用していくら金額が削減できるか、
簡易的なシミュレータが用意されている。

少しでも気になった方は、試しに公式HPを覗き、是非無料登録してみてはいかがだろうか?

▼詳細はこちら

詳細はこちら
詳細はこちら

※1 オンライン住宅ローンサービスとは下記条件を満たすサービスです。
1.オンラインでサービス提供している
2.貸金業として住宅ローンの媒介をしている
3.ユーザーの属性に応じた金融機関を紹介している 調査方法:デスクリサーチ及びヒアリング
調査調査期間:2021年1月5日(火)~1月18日(月)
調査概要:オンライン住宅ローンサービス(媒介)を対象にした実態調査
調査対象:ユーザーに合わせた住宅ローンを紹介・媒介する事業をオンラインで行っている貸金業の事業社(比較サイト除く)
調査実施:株式会社ショッパーズアイ
※2 付帯する団体信用生命保険を加味して最も低いと「株式会社MFS(モゲチェック運営会社)」が判断する金利
※3 通常、No.1金利®での借り換えの場合、モゲチェックの手数料は無料です。
借り換えを機に債務者を変更されたり、新規リフォーム・リフォームおまとめなどをされる場合、その他理由で住宅ローン審査が通りづらい場合は、モゲチェック手数料有料プランでのプレミアムサポートもご利用可能です。

-------------------------------------------------------
株式会社MFS
問い合わせ先
info@mortgagefss.jp
所在地
東京都千代田区大手町1−6−1大手町ビル2F FINOLAB
-------------------------------------------------------